そもそも特許とはどのようなものなのでしょうか?こちらの記事では、特許の概要や特許申請手続きの流れなど、基本的な情報をお伝えしています。

これから特許の出願などを考えている方は、ぜひ参考としてお役立てください。

特許権の概要

特許権の概要

特許権とは簡単にご説明するならば、発明・アイデアを保護の対象として独占的な権利を与えるというものです。特許権を取得することによって、その発明・アイデアから生まれた商品・製品の生産や使用、さらに販売などの独占が可能となります。

また、他の人が特許権を侵害する場合には、その商品や製品を販売しないように、あるいは製造設備を使用しないように差し止めをすることができる他、損害賠償請求も可能となります。

権利期間は、出願から20年間となっています。

特許出願の流れ

特許出願の流れ

特許出願の流れについて解説します。特許申請手続きは、いきなり行うものではありません。まずは、同じような内容の特許が先に出願されていないかどうかを確認する先行特許調査が必要です。すでに出願されている特許と類似するアイデアについては、申請をしても特許庁により拒絶され、無駄になってしまいます。

先に、同じような発明・アイデアがないことを確認した後で、特許出願を行います。特許出願後は特許庁による方式審査が開始され、提出書類が問題ないか確認されるのです。特許申請手続きはこれで終わりではありません。出願人は、出願をしてから3年以内に出願審査請求を行います。この請求を行うことによって、はじめてその出願が特許庁による審査の順番待ちに入るのです。

特許庁は申請の受理後、実体審査を行ってその発明・アイデアが世界で一番新しいか?記載は明確か?等の特許要件を満たしているのかを見極めます。問題がなければ特許査定が通知されます。そうでない場合は拒絶理由通知が届きます。拒絶理由通知が届いた場合、意見書・補正書を提出して、反論を行うことができます。

特許査定まで進めた場合は、特許査定謄本が送達されますので、30日以内に登録料を納付しましょう。登録料「(2,100円+請求頂数×200円)×3年分」を、きちんと納付し終えたら設定登録され、その時はじめて特許権が発生します。

特許庁の概要

特許庁の概要については以下の通りです。

名称 特許庁
住所 〒100-8915 東京都千代田区霞が関3丁目4番3号
アクセス 溜池山王駅(南北線・銀座線)8番出口より徒歩5分、

霞ヶ関駅(丸ノ内線・日比谷線・千代田線)A13番出口より徒歩7分

電話番号 03-3581-1101
開庁日 月曜日から金曜日

※国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く

URL https://www.jpo.go.jp/indexj.htm

特許出願・特許申請の手続きにお悩みの方は、瑛彩知的財産事務所にご連絡ください。「知財×コンサル」に精通した東京の弁理士事務所として、特許申請手続きのサポートを行っています。

瑛彩知的財産事務所は専門家として知財の出願をサポートするのはもちろんのこと、「知財」を通して企業がより成長できるよう知財戦略に基づいた適切なアドバイスをいたします。

特許申請の手続きに関して相談したい方は瑛彩知的財産事務所へ

事務所名 瑛彩知的財産事務所
住所 〒154-0024 世田谷区三軒茶屋2-25-5
TEL(代表) 03-6805-5706
メールアドレス website@aceai.jp
お問い合わせフォーム お問い合わせフォームへ
URL https://aceai.jp/