代表の竹本如洋弁理士が長崎大学でスタートアップのための知財について講演しました。

長崎大学FFGアントレプレナーシップセンターは先進的なイノベーション教育・研究の機会を提供する「教育プログラム」を実践することにより、アントレプレナー人材を育成することと、大学が持つ研究シーズの事業化や商業化へ向けた「インキュベーションプログラム」の提供による「大学発ベンチャーの創出」をミッションとする組織です。

長崎大学の学部生・大学院生・社会人受講生に向けて、「アントレプレナー・ファイナンス(経営管理特論)論」の授業の中で、スタートアップのための知的財産について講義を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA