2019年度知財アクセラレーションプログラム「IPAS2019」の知財メンターに就任しました

IPASは特許庁主催の知財アクセラレーションプログラムです。

知財とビジネスの専門家からなる知財メンタリングチームが有望なスタートアップを訪問し、議論しながらアドバイスを行うことで、スタートアップの成長をサポートします。

この度、弊所代表竹本如洋がIPAS2019の知財メンターに選任され、IPAS2019の第1期支援先に選ばれた10社の中の1社に対して知財コンサルの視点でアドバイスをさせて頂きました。
まさにこれからの技術を用いた面白い企業で、今後の事業展開が楽しみです。

「IPAS2019」知財メンタリングチームの紹介
「IPAS2019」第一期支援先10社決定のお知らせ
「IPAS」の紹介(特許庁)

瑛彩知的財産事務所では、今後もベンチャー・スタートアップの知財サポートに力を入れてまいります。
併せて、ベンチャー・スタートアップに対する知財コンサルをやりたい知財チームメンバーを募集しております。

  • 自分の知財力をこれから伸びていく企業のサポートに使ってみたい!
  • ベンチャー・スタートアップの経営者と議論してみたい!
  • 新しい領域に踏み出してみたい!

という知財関係者は是非ご連絡ください!

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA