特許・商標などの知財権に基づいて、自社の優れたアイデアやデザイン、ブランド等を他社に無断で使用されないように守るというのは、とても重要です。しかし、知財の価値はそれだけではありません。

こちらの記事では、守る以外の知財活用法について解説いたします。

守るだけではない知財戦略

守るだけではない知財戦略

知財は単に他社に真似されることを防ぐだけのものではなく、攻めるために使うという考え方もあります。特許のポートフォリオを作り、戦略的にライセンスすることで、自社として製造工場などのアセットを持つことなく、商品の製造や海外展開が可能になります。

また、出願・公開された特許をマーケティング利用することで、顧客に対する技術的優位性や、商品の先進性をアピールする効果があります。いざというときには、取得した知財権を積極的に活用して、相手に対して警告をする、訴訟をすることもできます。

攻めと守りの両方を知っていてはじめて知財の効力をフルに発揮でき、ビジネスの自由度を確保すると同時に、レバレッジを効かせて収益の拡大に貢献することが可能になります。

知財の一般公開・一部公開はメリットもある?

知財の一般公開や一部公開を行うことにメリットはあるのでしょうか?例えば、トヨタ自動車の場合、燃料電池車の特許について一般公開しています。

せっかく、取得した特許を開放する意味があるのかと疑問に思う人も多いでしょう。

もちろん何の考えもなしに特許開放をするのではなく、オープン戦略・クローズ戦略などの知財戦略に基づいて行われています。オープン戦略とは、他社に自社の技術を開放して、その分野の陣営を拡大させたうえで、自社技術によって生み出した製品を普及させ、自社技術の標準化や自社ポジションの向上を目指す戦略です。

その一方で、一部特許や技術はノウハウとして非公開・秘密にするクローズ戦略をとることで、自他社技術の差別化、技術的優位性の確保を行います。知財の一般公開や一部公開は、きちんとした知財戦略を立てたうえで行えば、かなりの恩恵をもたらしてくれます。

知財を積極活用するなら戦略的に動く必要がある

知財の一般公開・一部公開はメリットもある?

知財を積極活用するのであれば、戦略的に動くことをおすすめいたします。知財を活用することによって、自社の商品やサービスを守るだけでなく、顧客に対しての大きなアピールにもなりますし、ビジネスをレバレッジすることもできます。逆に積極的に活用しないのであれば、それは単なるコストにすぎず、事業展開の加速に全く寄与しないことになります。

知財戦略についてより深くご検討されたい方は、弊所弁理士にご相談ください。それぞれにあった戦略を組み立てられるように、丁寧にアドバイスいたします。

弁理士に依頼したいとお考えでしたら、瑛彩知的財産事務所をご利用ください。元外資コンサル出身弁理士が開設した「知財×コンサル」に特化した事務所として、事業戦略・知財戦略を考えつつ、的確にアドバイスさせていただきます。

提携含め5人の弁理士がそれぞれの強み分野を生かして対応いたしますので、知財に関するご依頼でしたら何でもお任せください。

弁理士に依頼したい方は瑛彩知的財産事務所へ

事務所名 瑛彩知的財産事務所
住所 〒154-0024 世田谷区三軒茶屋2-25-5
TEL(代表) 03-6805-5706
メールアドレス website@aceai.jp
お問い合わせフォーム お問い合わせフォームへ
URL https://aceai.jp/